「続 日々の隙間」

東京都と長野県、山梨県に拠点を持ち活動している写真家、砺波周平さんの写真集『続 日々の隙間』の販売を開始します。

砺波さんの写真を知ったきっかけは、やまなしの人や暮らしを伝えるフリーマガジン『BEEK』を知ったときでした。
このフリーマガジンに砺波さんの写真が掲載されていて、言葉ではうまく伝えられないのですが、凄く素敵な写真を撮る方だと惹きつけられました。
とても好きな写真家の一人である砺波さんの写真集を販売する機会が持てたこと、
人間味の伝わるようなお返事をくださった砺波さんご夫婦。
感謝の気持ちと喜びでいっぱいです。
(ちなみに『続 日々の隙間』は、BEEKを創刊した方がデザインをされております。)

 

誰にでもある家族や日々の隙間。

 

静かで清らかながら、温度や騒めき、喜びや悲しみをも感じることが出来る写真たち。
真似をしたくても出来ない、物事を静かにしっかり見据える砺波さんにしか撮ることの出来ない写真たちが一冊に纏められています。

 

是非、お手にとってご覧ください。

 

 

まだ少しあどけなさが残る。

そんな彼女が子どもを産んだ。

目の前に現れた子どもを前に、

これまでとはちがう時間が流れ始めた。

日々に翻弄されつつ、

そのときどきを受け止めながら過ごしてゆく。

ただ、たんたんと。

生まれたり、死んだり、向き合ったり、

背いたり、探ったり、互いに繰り返しながら。

その日々がいかに苦しくも、愛おしいのか。

 

「続 日々の隙間」より

 

写真:砺波周平

構成/編集/イラスト:内藤亜希子(やまゆり)

デザイン:土屋誠(BEEK)

印刷:藤原印刷株式会社

仕様:A4変形判 96ページ フルカラー

 

砺波周平/HP

twitter / instagram