普遍と静謐

長野県須坂市にて、セレクト茶葉等の展示・販売を行うお店“普遍と静謐”さんから茶葉が届きました。

 

普遍と静謐さんと朴訥は『mahora』を取り扱っている共通点があります。

 

普遍と静謐さんを知ったきっかけは、偶然でした。
普遍と静謐さんがOPENされる頃にたまたま知り、なんて素敵な店名なのだろう!と痺れてから今日まで、ずぅーっと行ってみたいお店の一つです。
(検索すると、外観も店内もとても素敵な雰囲気が漂っているのです)

 

今回、そんな素敵なお店のブレンド茶葉が販売できることとなり、とてもとても嬉しく思います。
長野県も鳥取県も(今年はまだですが)、冬は寒さの厳しい土地柄。
温まる飲み物を用意して、室内でぬくぬくする時間は幸せなひとときです。
鳥取県の方々に、この素敵なお店がセレクトするブレンド茶葉を是非味わっていただきたいと思います。

 

普遍と静謐さんとは手紙の交換をしているような感覚で文章をしたため合い、お返事がきた際はポストに手紙が届いたときの、微笑んでしまうような気持ちになります。

 

より多くの方に届きますように。

 

冬の森(茶葉/リーフ20g)/SOLD

雪をかぶった常緑樹、
すっかり葉の落ちた木々・・・。

冬の静けさに満ちた
眠る森をイメージした紅茶です。

寒さが続く日々のお供に。

 

普遍と静謐

長野県須坂市に店舗を構える茶葉を中心としたセレクトショップです。
詩的なものをテーマに、茶葉や本などを展示しております。

普遍と静謐/instagram

twitter / instagram