東野翠れん / Pendant 1957-2018

 

東野翠れん / Pendant 1957-2018

モデルや文筆家、写真家として活動してきた東野翠れんさんの、13年ぶりとなる写真集『Pendant 1957-2018』を本日より販売致します。
”Pendant(パンダン)”とは、フランス語で〈〜の間〉を意味する言葉。
写真における「光」を意識して撮影を続けていた東野さんが、自身の出産を経てからの約6年間に撮影した写真を通じ、初めて実感した「時間の連なり」への想いが込められています。

生きている日々の一瞬一瞬に宿る、祝福された時間、光、静けさ。
未来に向けた眩しい眼差しを、静かに吸い込める写真集です。

東野翠れんさんの写真がとても好きです。
忘れてしまった眼差しを見せてくれるような、言葉にはうまく出来ないものを思い出すような気持ちになり、目が潤んでしまうのです。

サイズ:230 x 155mm
244page / ソフトカバー / 函入
※カバーの帯は、浮き輪と空中ブランコの2種類がございます
Publish & Design : VACANT
¥5300+tax

東野翠れん/instagram

 

twitter / instagram