お知らせ

お店となる建物は元歯医者さんでした。
大きな窓があって、昼間は電気をつけなくても光が入ってきます。
木でできた技巧室や診察室の表記も懐かしくてかっこいいです。
すぐ近くには東郷池(東郷湖)が広がっていて、お散歩したり息抜きしたりと気持ちいいです。
この町と人とこの建物が好きで、東京生まれ東京育ちのわたしはここでお店をやってみたいと思いました。
人口の少ない鳥取県の、人が集まるエリアではない場所でやることに不安は沢山あります。
中心地や色々なお店が集まるエリアから外れたお店って気になるなぁと思うことありませんか?
人が集まってくる場所でやれば、気づかれることも、誰かがドアを開くことも増えるかもしれません。
でも、そうではない場所にぽつんとお店を開いてこちらから人が訪れる場所にすることも不可能ではありません。

JR山陰本線“松崎駅”近くに決めた理由はシンプルな理由です。
“この町とこの町の人たちとこの建物が好きだからここでやってみたい”
市街や都会を選択しなかった理由はそれだけかもしれません。

4月下旬から内装の改修工事が始まりました。
改修工事をしてくれている人は、“朴訥”という店名のような言葉数少なく内側を理解してくれる恭ちゃんです。
恭ちゃんは、改修工事を誰にお願いすればいいかわからない状態の時に偶然知り合いました。
色々な話をした中で、この人なら素敵な空間にしてくれると確信し依頼をしました。
恭ちゃんは日本中を移動しながら人と出会い、仕事を見つけていく旅する大工さんです。
鳥取で知り合ったのですが、恭ちゃんは最初の仕事が終わったら他の県に移動する予定でした。
そんな中で低予算な依頼を引き受けてくれ、鳥取に延長してとどまってくれることになりました。
わたしの持っているお店のイメージを目で見えるものに作り上げてくれる人は恭ちゃん以外にはいないと思っています。
恭ちゃんスミレちゃん、どうもありがとう。

そんな、改修工事が始まったという段階で問題が発生しました。
屋根が錆びて穴が空いているようで雨漏りすることがわかりました。
雨漏りはそのままにしておくと漏電などの危険があるため、そのままにしておくことは出来ません。
しかし、屋根を直すには高額な費用が必要なことがわかりました。
この建物はもともと壊される予定だった建物で高額な費用をかけられる人がいません。
近くにある古本屋“汽水空港”のモリさんや周りにいる人たちに協力してもらい屋根を直そうという話は出ていますが、
屋根の傾斜があるため気軽にできるものではなく、材料費や足場代にも費用がかかります。

お店をやろうと決めた時から金銭面はギリギリな状態ですが、やってみたいという気持ちだけで動いてきました。
そのため屋根を直す(想定外な)お金はありません。
改修工事を始める前は5月下旬オープンを目標としていました。
大工さんや周りの人たちにも手伝ってもらい、間に合うように頑張ろうと工事を始めました。
ですが、想定外の雨漏りと想定外の費用が出てきたため5月下旬オープンが難しくなってしまいました。
お店をいつオープンできるのかも、具体的な話ができません。
ここで諦めることもできるかもしれませんが理由が悔しいので諦めたくありません。

このblogを見てくださった方々にお願いがあります。
物凄く低予算で屋根を直すにはどうしたらいいのか、何か良い方法があれば教えていただきたいのです。
勢いとしては「材料あげるよ!足場タダで貸すよ!」くらいの勢いでお願いします。
また、応援したい、何か力になりたいと思ってくださる方がいたら寄付をお願いしたいのです。
そして、この状況やお店のことをより多くの方に知っていただくため広めてほしいのです。
500円でも構いません。
これから梅雨に入ります。
現在雨漏りしている場所の床近くにはコンセントがあるためビニールシートで覆っていますが、
以前他の場所も雨漏りしていたのか天井2ヶ所に浸みが見られます。
大雨が降った場合、どこから雨漏りするかわからないためとても不安です。

この町の周りにいる人たちが、頑張ろう・頑張ってねと応援してくれます。
わたしはその気持ちに応えたい。
町の60代以上の方たちも声をかけてくれてお店を気にかけてくれたりもしています。
若い人だけではなく、幅広い年齢の方に“朴訥”というusedとvintageを扱うお店を受け入れてもらえるようにしたい。

周りにいる方々を含め、改修工事をしてくれている恭ちゃんや楽しみにしてくれている方々へ、一日も早くお店をオープンさせてお礼がしたいのです。

何か良い知恵や寄付をしたいという方がいらっしゃれば是非ご連絡ください。
そして、どうかこの現状を広めてください。
わたしも負けるつもりはありませんが、オープンするには皆さまの力が必要です。

どうかどうか、宜しくお願い致します。

朴訥/Kana Sasamoto

【寄付金について】
何らかの協力がしたいという方がいらっしゃれば500円でも構いません。
ぜひ寄付をお願い致します。
いただいたお金は全額、屋根直しの材料費・足場代・屋根直し作業に協力いただく人たちへの人件費に充てさせていただきます。
もし寄付がある程度の金額となった場合、blogで金額とご協力いただいた人数を公表させていただきます。
寄付金は下記口座への振込のみでお願いいたします。
誠に勝手ではございますが、振込手数料はお客様のご負担でお願いいたします。
寄付をしたいという方は事前に、info@bokutotsu.comまで、
タイトルを「寄付金について」としていただき、本文にお名前、連絡先、メールアドレス、寄付予定額を記入してご連絡ください。
宜しくお願い致します。

twitter / instagram